HOME > 福祉の資格ナビ > 資格について調べたい > 社会福祉士

社会福祉士

 社会福祉士は、身体や精神の障害あるいは環境上の理由などにより日常生活を営むことに支障がある人の福祉に関する相談、福祉サービス関係者との連携・調整その他の援助を行う専門職の国家資格です。いわゆるソーシャルワーカーの資格の一つです。

社会福祉士の活躍する職場は、地域包括支援センター、在宅介護支援センター、各種社会福祉施設、老人保健施設、病院、社会福祉協議会、福祉事務所・身体障害者更生相談所・児童相談所その他行政機関など多岐にわたっています。
福祉施設では「生活相談員」「生活指導員」「生活支援員」「児童指導員」などと呼ばれる指導員関係、児童福祉司・身体障害者福祉司など公務員、社会福祉協議会の福祉活動専門員、地域包括支援センターのソーシャルワーカー職、老人保健施設の生活相談員、病院等の医療ソーシャルワーカーなどがあげられます。

なお、社会福祉士の資格は、介護福祉士資格と同様に「名称独占」であり、社会福祉士資格を持っていないと就けない職種はありませんが、求人においても、社会福祉士資格取得を条件としたり、希望しているケースが増えています。

受験資格は、福祉系の大学で指定科目を履修するか、一般大学卒業後、もしくは実務経験4年以上で、厚生大臣の指定する養成施設を卒業すると与えられます。

社会福祉士国家試験に関する問い合わせ先

社会福祉振興・試験センター

関係団体

社団法人日本社会福祉士会

社会福祉士
  1. 福祉系大学(4年課程)で厚生労働大臣の指定科目を履修し卒業した者。
  2. 福祉系の短期大学・専修学校専門課程・各種学校(3年課程)で指定科目を履修し卒業した者で、1年以上の相談援助(指定施設に限る)の業務に従事した者。
  3.  福祉系の短期大学・専修学校専門課程・各種学校(2年課程)で指定科目を履修し卒業した者で、2年以上の相談援助(指定施設に限る)の業務に従事した者。
    *指定科目:社会福祉原論、老人福祉論、社会福祉援助技術総論等13科目
  4. 児童福祉司、身体障害者福祉司、査察指導員、精神薄弱者福祉司、老人福祉指導主事(いずれも公務員)のいずれかの実務経験が5年以上ある者。
  5. 福祉系大学(4年課程)で基礎科目を履修し、短期養成校(6カ月)を卒業した者。
  6. 福祉系短期大学・専修学校専門課程・各種学校(3年課程)で基礎科目を履修し、1年以上の相談援助(指定施設に限る)の業務に従事した後、社会福祉士短期養成施設等(6カ月)を卒業した者。
  7. 福祉系短期大学・専修学校専門課程・各種学校(2年課程)で基礎科目を履修し、2年以上の相談援助(指定施設に限る)の業務に従事した後、社会福祉士短期養成施設等(6カ月)を卒業した者。
    *(5)から(7)までのコースは、短期養成校が現在設置されていないので、受験資格を取得することはできません。
    *基礎科目:社会福祉原論、老人福祉論等6科目
  8.  一般大学等(4年課程旧制大学、大学校等を含む)を卒業後、社会福祉士一般養成施設等(1年)を卒業した者。
  9. 一般短期大学等(3年課程、高等学校専攻科、専修学校専門課程・各種学校等を含む)を卒業後、1年以上の相談援助(指定施設に限る)の業務に従事した後、社会福祉士一般養成施設等(1年)を卒業した者。
  10. 一般短期大学等(2年課程、高等学校専攻科、専修学校専門課程・各種学校等を含む)を卒業後、2年以上の相談援助(指定施設に限る)の業務に従事した後、社会福祉士一般養成施設等(1年)を卒業した者。
  11. 4年以上の相談援助(指定施設に限る)の業務に従事した後、社会福祉士一般養成施設等(1年)を卒業した者。

※3 制度の改正により、2009年度より実務経験は4年以上に短縮し、その後、短期養成施設において6ヶ月以上の養成課程を経た者に受験資格を付与するよう変更されます。
※4 制度の改正により、2009年度より実務経験2年の後、6ヶ月以上の養成課程を経た者に受験資格を付与するように変更されます。