HOME > 福祉の資格ナビ > 資格について調べたい > 介護福祉士

介護福祉士

 介護福祉士は、身体や精神の障害があることにより日常生活を営むことに支障がある人の心身の状況に応じた介護を行い、またその人やその介護者に対して介護に関する指導を行う専門職の国家資格です。

職種の具体的なものとしては、福祉施設では、老人ホームや障害者支援施設などの介護職・ケアワーカー、在宅サービスでは、高齢者や障害者の「訪問介護員」などがあげられます。

資格をとるには、筆記及び実技試験を受ける方法と、専門の養成施設で学ぶ方法があります。

受験資格は、介護の実務経験3年以上、または、それに準ずる者に与えられます。(※1)
また、介護福祉士養成施設(2年ほか)で専門教育を受け、卒業時に国家資格を取得することができます。(詳細は下の図参照)(※2)なお、介護福祉士の資格は、社会福祉士資格と同様に「名称独占」であり、介護福祉士資格を持っていないと就けない職種はあまりありませんが、介護福祉士の割合によって報酬が加算されるなど、制度的に介護福祉士を重視する傾向にあり、求人においても、介護福祉士資格取得を条件としたり、希望しているケースが増えています。

介護福祉士国家試験に関する問い合わせ先

社会福祉振興・試験センター

関係団体

日本介護福祉士会

  1. 介護福祉士養成施設(2年、夜間は3年)を卒業した者。(卒業と同時に介護福祉士となる資格が取得できる。)
  2. 福祉系大学で指定科目を修めて卒業し、介護福祉士養成施設(1年、夜間は2年)を卒業した者。(卒業と同時に介護福祉士となる資格が取得できる。)
  3. 社会福祉士短期養成施設・社会福祉一般養成施設を卒業し、介護福祉士養成施設(1年)を卒業した者。(卒業と同時に介護福祉士となる資格が取得できる。)
  4.  保育士養成施設等を卒業し、介護福祉士養成施設(1年、夜間は2年)を卒業した者。(卒業と同時に介護福祉士となる資格が取得できる。)
  5. 介護福祉士試験に合格した者。
  6. ただし、介護福祉士試験は次の要件を満たさなければ受験できない。
    (a) 3年以上介護等の業務(寮母・寮父、介助員・訪問介護員等)に従事した者
    (b) 高校または修学年限2年以上の高校の専攻科において、福祉に関する所定の科目および単位数を修めて卒業した者(卒業見込みの者を含む)
  7. (6) 厚生労働省が行う「介護に係る技能検定」に合格した者。ただし、これは、現在のところ実施されていません。
※1 2015年度より3年間の実務経験に加え、所定の養成課程を経た上で国家試験を受験する仕組みとなります。
※2 2015年度より卒業後国家試験を受け合格することが必要となります。