HOME > 福祉の資格ナビ > 資格について調べたい > 言語聴覚士(言語療法士)

言語聴覚士(言語療法士)

言語聴覚士は、何らかの原因で言語障害や難聴、失語、言語発達遅滞など言語・聴覚の障害をもつ人に対し、専門的な訓練・指導を行い、機能回復や障害の軽減を図る専門職です。
言語聴覚士は、従来、言語療法士(ST/speech therapist)と総称され、「臨床言語士」、「医療言語聴覚士」などの名称でいくつかの業界団体が認定していた資格でしたが、1997年12月に言語聴覚士法が制定され、「言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」として国家資格に位置づけられました。
この言語聴覚士の働く職場としては、リハビリテーション科・耳鼻咽喉科を中心とした病院・診療所、難聴幼児通園施設・聴覚言語障害者更生施設を中心とした社会福祉施設、保健所などがあげられます。難聴学級など教育機関でも今後活躍することが期待されています。

言語聴覚士資格を取得するには、高校卒業後、大学、短大、養成所などで言語聴覚士として必要な知識及び技能を修得し、国家試験を受験して合格することが必要です。

言語聴覚士国家試験に関する問い合わせ先

〔試験実施団体〕
医療研修推進財団