HOME > 福祉の資格ナビ > 資格について調べたい > 栄養士

栄養士

栄養士は、栄養バランスのとれた献立を作成する食事管理など栄養指導を通して、健康保持・増進、疾病の予防、疾病を持つ人にはその治療をすすめる専門職です。栄養士法に規定されている国家資格となっています。
社会福祉施設では、献立の作成、食材の発注、調理員に対する栄養に関する知識の向上などの指導、給食施設の衛生管理、さらには個々の利用者の状態に応じた献立作成、栄養指導などが仕事の内容となってきます。
社会福祉施設のほとんどは利用者に食事を提供していますので、栄養士が必要です。ただし、食事そのものを外注したり、小規模施設の場合には他の施設等との兼務の場合があります。
栄養士になるには、厚生労働大臣の指定する栄養士養成校で所定の課程を履修し卒業することが必要です。栄養士養成校には、大学、短大、専門学校があります。卒業者に都道府県知事より栄養士資格が与えられます。

栄養士資格についての問い合わせ先

全国栄養士養成施設協会

関係団体

日本栄養士会