HOME > 福祉のお仕事ナビ > 福祉の仕事って? > 職種と資格の関係は

職種と資格の関係は

 
対人サービスの4つの対象・分野

    直接の対人サービスは次の4つの対象・分野に分かれます。
  • 高齢者
  • 障害児・者(身体障害児・者、知的障害児・者、精神障害者)
  • 児童
  • その他の生活困窮者等(低所得者、母子・父子家庭、女性保護)

対人サービスの6系統の仕事・職種

    対人サービスの6系統の仕事・職種に必要な資格の関係は次のようになっています。
    各職種には、法令によって職員に必要な資格等が定められています(資格が必要とされない職種もあります)。働きたい分野と職種によって必要な資格が違うことに注意してください。

    (1)     介護(ケアワーク)の仕事・職種
  • 高齢者、障害者への介護業務…介護福祉士、介護職員基礎研修、訪問介護員(ホームヘルパー1〜2級)等

    (2)     保育の仕事・職種
  • 児童の保育業務…保育士 
    ※児童指導員も保育、養護業務を行う場合があります。

    (3)     相談援助の仕事・職種
  • さまざまな分野での相談援助業務(生活相談員・生活支援員)…社会福祉士、社会福祉主事任用資格 
    ※ 介護職員が配置されていない施設では、相談員が直接利用者の生活援助や訓練にあたります。
  • 特定分野での相談援助業務
    介護保険サービスのケアプラン策定      …      介護支援専門員
    精神障害者関係の相談援助     …     精神保健福祉士
    児童福祉施設での相談や生活支援     …     児童指導員

    (4)     看護、リハビリテーション関係の仕事・職種
  • さまざまな分野での看護業務…看護師
  • 高齢者や障害児・者のリハビリテーション業務…理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、義肢装具士

    (5)     栄養・調理関係の仕事・職種
  • さまざまな分野での栄養管理・調理業務…栄養士、調理員

    (6)     運営管理関係の仕事・職種
  • さまざまな分野での運営管理業務…施設長、事務職員等

行政や社会福祉協議会は地域を対象

行政の相談所や社会福祉協議会は、地域のサービス提供機関や団体との調整、新しい資源の開発など、いずれも広い意味での地域社会を対象とした仕事をします。
ただし、仕事の内容は個人への相談援助活動から各種事業の企画・実施まで幅広く、また、社会福祉協議会のように対象・職種・事業ともに多様な職場もあります。

   行政の相談所の職員
  •  福祉事務所、児童相談所、婦人相談所、身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所…社会福祉主事、査察指導員、児童福祉司、身体障害福祉司、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事

     社会福祉協議会の職員
  • 社会福祉協議会福祉活動専門員、ボランティアコーディネーター等