HOME > 福祉のお仕事ナビ > 福祉の仕事って? > 職場の種類をサービス提供形態と勤務形態から見てみると

職場の種類をサービス提供形態と勤務形態から見てみると

 
対人サービスの職場
 対人サービスを提供する職場は、サービスの形態によって勤務形態が違います。また、職種によっても異なり、例えば入所型施設でも変則勤務ではない職種(栄養・調理や事務系職種)もあります。

       
  • 入所型      …    24時間、365日のサービス。日勤主体で宿直がある場合と、夜勤(※)も含                            めた変則勤務の場合がある。
  • 通所型     …     主として日勤だが、早出・遅出など交代制勤務の場合もある。
  • 訪問型     …     訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)が典型。必要な時間に利                           用者宅を訪問する。早朝・夜間のスポット勤務がある場合もある。
   
    
※宿直と夜勤の違い
  • 夜勤:夜間も含め常時介護や養護が必要な利用者の入所施設で採用されている勤務形態です。夕方から翌朝まで勤務します。多少の仮眠を取ることはできますが通常通りの勤務です。
  • 宿直:夜勤を採用している施設に比べ夜間の介護や養護の必要性が低い施設と言えます。通常の日中勤務終了後に引き続き、施設内の宿直室で朝まで待機します。夜間は、簡易な業務や対応が必要な事態が生じた時のみの業務に限り、睡眠をとることができます。


 行政の相談所、社会福祉協議会
 行政の相談所、社会福祉協議会は日勤中心の勤務となります。