福祉のお仕事

Menuメニュー Close閉じる

【受講者募集】 社会福祉主事通信課程 令和元年度民間秋期コース

2019.05.30

全社協・中央福祉学院では、民間社会福祉事業の現場に勤務している職員が、社会福祉主事資格を取得するための通信課程の受講者を募集しています(都道府県又は市区町村の職員を対象とした公務員課程は別途3月に募集開始予定です)。

「社会福祉主事」は、福祉事務所の現業員や査察指導員等に必要とされる任用資格ですが、高齢者福祉、障害者福祉、児童福祉などの民間社会福祉事業の現場においても、福祉職員の基礎的な資格として準用されています。毎年全国から約5,000名の方々にご受講いただき、社会福祉の基礎的な知識・技術を修得することができることから、通信授業・集合研修のいずれについても本課程修了者の95%の方から「満足した・充実感を得た」とのご意見をいただきました。また、修了者の所属長からも「今後もキャリアパスに向け職員の教育の場に用いたい」など好評を博しております。

なお、本課程修了後、所定の相談援助業務に2年以上従事すると、「社会福祉士」の受験資格を得るための短期養成施設への入学資格を得ることができます。主事資格取得後のさらなるキャリアアップに取り組むことも可能となっています。

詳しくは中央福祉学院ホームページより『受講案内』をご覧ください。

皆様からのお申し込みを心よりお待ちしております。

 

通信課程の概要

(1)受講期間:2019年10月~2020年9月(1年間)

(2)学習内容:自宅学習による答案作成(16科目)、集合研修(5日間)

(3)受講料:89,000円 (消費税等込額。テキスト・教材費、集合研修料含む)

(4)申込締切:2019年7月1日(月)

(5)詳細・申込:中央福祉学院ホームページ http://www.gakuin.gr.jp/training/course305.html

(6)問合せ:中央福祉学院 TEL:046‐858‐1355

ページトップへ