福祉のお仕事

Menuメニュー Close閉じる

臨床心理士

臨床心理士は、心の悩みや問題を軽減したり解決するために、臨床的な心理学の技法を用いて心理療法を行う専門資格です。
心理に携わる専門職は、所属する職場によって心理相談員、心理カウンセラー、心理判定員などと呼ばれていますが、臨床心理士は、これらの専門職を日本臨床心理士資格認定協会が認定試験をもって認定する資格です。

心理に携わる専門職は、病院、精神保健センターなどの医療機関や、児童相談所、少年鑑別所などの行政機関、企業の診療所などさまざまな場で活躍しており、ストレス社会と呼ばれる現代、ますます重要になっている職種です。

心理に携わる専門職になるには、大学の心理学系の学部・学科で学ぶことが必要です。
また、臨床心理士資格を取得するには、原則として4年制大学の心理学系の学部・学科で学び、大学院の心理学系コースを修了後1年以上の実務(臨床)経験を経て、臨床心理士認定試験を受験することが基本になります。

資格として日本臨床心理士協会の臨床心理士があります。
心理職の主な職場は、医療機関、教育相談機関、心理相談機関、精神衛生センターなどがあります。

臨床心理士認定試験についての問い合わせ先

ページトップへ