福祉のお仕事

Menuメニュー Close閉じる

管理栄養士

管理栄養士とは、栄養士養成施設で学び卒業することで、都道府県知事の免許を受け、栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者のことです。

一方、管理栄養士とは、管理栄養士養成施設で学び、管理栄養士国家試験に合格した者を指します。厚生労働大臣の免許を受けて、はじめて管理栄養士の名称を用いることができます。

管理栄養士の定義とは、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導並びに特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする者を言います。

管理栄養士になるためには、まず「栄養士の資格を所持していること」が前提となります。管理栄養士は毎年1回実施される「管理栄養士国家試験」に合格しなくてはならなく、管理栄養士国家試験の受験資格は次のように規定されています。

 

  1. 修業年限が2年である養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後厚生労働省令で定める施設において3年以上栄養の指導に従事した者
  2. 修業年限が3年である養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後厚生労働省令で定める施設において2年以上栄養の指導に従事した者
  3. 修業年限が4年である養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後厚生労働省令で定める施設において1年以上栄養の指導に従事した者
  4. 修業年限が4年である養成施設を卒業した者   

 

ページトップへ