福祉のお仕事

Menuメニュー Close閉じる

調理師

調理の業務にあたる者の専門資格です。
社会福祉施設においては、栄養士の作成した献立に基づき、入所・通所・訪問の利用者のための実際の食事づくりにあたることになります。栄養士と協力しながら、個々の利用者の状況に合わせた食事づくりをするのも社会福祉施設や病院における調理師の仕事の特徴です。

社会福祉施設のほとんどは利用者に食事を提供していますので、調理を担う人が必要です。ただし、食事そのものを外注している施設もあります。調理師の資格はなくても調理の仕事を行うことはできますが、調理師免許を条件にした求人も多くなっており、調理師免許を取得すれば就職に有利となります。

調理師免許は、厚生労働大臣の指定する調理師養成校で所定の課程を履修し卒業すれば与えられます。養成校には、調理師科のある高校、専門学校(昼間1年、夜間1年半)、短大別科(昼間1年)などがあります。また、飲食店などを含め定められた施設で2年以上の調理経験を積めば、各都道府県が行う調理師試験を受験することができます。

調理師試験の問い合わせ先

各都道府県の衛生主管部(局)の調理師試験担当課 

調理師養成校についての問い合わせ先

ページトップへ