福祉のお仕事

Menuメニュー Close閉じる

介護系の仕事・職種

施設や病院の介護職(ケアワーカー、ケアスタッフ、介護職員、介助員)

職場と仕事の内容

高齢者福祉施設や障害者福祉施設などの社会福祉施設、老人保健施設や療養型病床など病院や医療施設で働く介護職は、高齢者や障害者の日常生活の自立を支援するサービス提供の中心を担う職種です。食事や入浴、排泄、衣服の着脱や移動など、利用者の生活全般にわたって必要な援助を行います。また、散歩や買い物を援助したり行事やレクリエーションを実施することや、利用者の家族に介護方法のアドバイスを行うことも大切な仕事です。

訪問介護員(ホームヘルパー)

職場と仕事の内容

訪問介護員は、在宅の高齢者や障害者宅を訪問して、介護サービスや生活援助サービスを提供する職種です。介護サービスとは食事や入浴、排泄、衣服の着脱や移動などの支援です。生活援助サービスとは、調理、洗濯、掃除、買物などの援助や代行です。利用者本人や家族への精神的ケアを行うほか、家族に介護の技術的な指導を行うことも大切な仕事となっています。
在宅生活の支援は、さまざまな専門職や機関によるサービスを組み合わせて行われます。そこで訪問介護員も単に自分に与えられた仕事を行うだけでなく、他職種の業務や各種の制度についての基本的知識や連絡、調整能力も求められるようになってきています。
なお、訪問介護員の介護保険制度における正式な名称は「訪問介護員」です。
ホームヘルプ事業は、介護保険制度あるいは障害者自立支援法等にもとづいて運営されています。
訪問介護事業を実施している法人はさまざまで、市町村社会福祉協議会、その他の社会福祉法人に加え、医療法人、株式会社等営利法人、生協、農協、NPOなどがあります。

ページトップへ