福祉のお仕事

Menuメニュー Close閉じる

保健医療系の仕事内容

保健医療系の職種には次の職種があります。配置される分野は職種によって異なります。

  • 看護師
    ほぼすべての対人サービス分野に配置が規定されています。
  • 理学療法士、作業療法士
    多くの障害児・者施設に配置されています。高齢者関係の施設では配置は規定されていませんが、施設によっては独自に配置しています。
  • その他セラピスト(言語聴覚士、視能訓練士、義肢装具士、心理職)
    これらは、他の保健医療系の資格に比べ職域は限られます。ごく一部の施設に配置が規定されている場合と、配置の規定はなく各施設や自治体等との判断で雇用されている場合があります。

看護師

職場と仕事の内容

看護師はほとんどすべての分野の社会福祉施設、在宅サービスの事業所で働いています。
施設、在宅いずれの場合も、高齢者や子ども、障害をもつ人々の健康管理や疾病治療、衛生管理を行い、利用者の健康を医療の面から支える役割は共通しています。
そのうえで、福祉施設では施設全体の医療機関との調整や衛生管理の責任を担い、医療知識や衛生管理についての他の職員への研修なども行います。在宅サービ スでは、医療施設がない在宅での健康管理のアドバイスを行うことや、在宅生活を支えるための適切なサービス提供をコーディネートすることから、相談援助の 技術が求められ、ほかの分野の専門職や援助機関との連携も重要な仕事になります。
このように、福祉分野での看護職には、看護職としての知識や技術をもとに、利用者やその家族が生活場面での健康管理ができるよう相談助言をする力、他の専門職と協働する力がより求められるといえます。

理学療法士、作業療法士

職場と仕事の内容

理学療法士(PT/physical therapist)は、何らかの原因で身体の機能に障害をもった人に、筋力の増強などの運動療法、温熱・電気などを使った物理療法を中心に施し、日常生活を送るうえでの基本的な動作能力の回復や機能低下の予防を図ります。
作業療法士(OT/occupational therapist)は、何らかの原因で身体の機能に障害をもった人に、工作や手芸などの作業、生活動作の訓練などを通じて、機能の回復や機能低下の予防を図ります。

このようにそれぞれの専門領域は異なりますが、福祉施設では、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、身体障害者療護施設、重度身体障害者更生援護施設などへいずれかの配置が規定されています。
また、特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンターなどの老人福祉施設でも施設によって配置している場合があります。
介護職員や相談員・支援員等他の職種と連携しながら、生活場面のなかでの日常生活動作訓練、作業訓練、ケアプランの策定などの役割を担います。

言語聴覚士(言語療法士)

職場と仕事の内容

言語聴覚士は、何らかの原因で言語障害や難聴、失語、言語発達遅滞など言語・聴覚の障害をもつ人に対し、専門的な訓練・指導を行い、機能回復や障害の軽減 を図る専門職です。従来、言語療法士(ST/speech therapist)と総称され、「臨床言語士」、「医療言語聴覚士」などの名称でいくつかの業界団体が認定していた資格でしたが、1997年12月に言 語聴覚士法が制定され、国家資格に位置づけられました。
社会福祉施設で言語聴覚士の配置が規定されているところは難聴幼児通園施設・聴覚言語障害者更生施設です。

義肢装具士

職場と仕事の内容

義肢装具士は、何らかの障害で失った手足の機能の代わりをする義肢、コルセットなどの治療を目的にした装具を製作し、利用者が日常生活をおくるうえで必要な機能の補完を図り、社会復帰を促進するリハビリテーションを行う専門職で、国家資格です。

多くの義肢装具士は義肢装具の製作会社に所属しており、病院、リハビリテーション施設、肢体不自由児施設などに出向いて利用者の相談にのり、医師の処方の もとに義肢装具製作のための設計、製作、さらに適合などのアフターケアも行います。
社会福祉施設では、補装具製作施設で配置が規定されています。

視能訓練士

職場と仕事の内容

視能訓練士は、斜視や弱視など、見る機能(視能)に障害をもつ人に、機能回復のための視機能検査と視能矯正訓練を行う専門職で、国家資格です。

視能訓練士の職場は、多くが病院やリハビリテーションセンターなどの医療機関で、保健所、学校などにも勤務している場合があります。社会福祉施設では配置は規定されていません。

心理職

職場と仕事の内容

社会福祉関係では、児童相談所、婦人相談所、身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所などの行政の相談所、肢体不自由者更正施設で心理職(心理判定員)の配置が規定されています
相談面接等を通じた対象者の心理状況の把握・判断や、個々人への心理的な療法等を行います。

ページトップへ