福祉のお仕事

Menuメニュー Close閉じる

相談援助系の仕事内容

利用者への相談援助や関係機関との調整を行う職種です。
相談援助の専門技術を活用しますから総称してソーシャルワーカー、ケースワーカーなどと呼ばれることもありますが、分野によって仕事の範囲、法令上の名称 が異なります。また、各職場で仕事の範囲や役割が違ったり、独自の呼称が設けられていることも多くあります。
この分野の共通の国家資格としては社会福祉士資格があります。また社会福祉主事任用資格も広い分野で基礎資格として求められている一方、資格要件が定められていない分野もあります。
特定分野の資格としては、精神保健福祉士(国家資格。福祉分野では精神障害者関係施設・事業所)、介護支援専門員(ケアマネージャー。介護保険事業を行う高齢者関係施設・事業所)があります。

<社会福祉施設、事業所での相談援助系の仕事>

高齢者福祉施設、障害者支援施設 生活相談員、生活支援員
介護保険事業を行う高齢者福祉施設、在宅サービス事業所 介護支援専門員
障害者の就労移行支援や就労継続支援を行う事業所 職業指導員・就労支援員
児童福祉施設 児童指導員
母子生活支援施設 母子指導員、少年指導員

<行政の相談所での相談援助系の仕事>
行政の相談所等の相談員
以下の職場・職種があります。

福祉事務所 老人福祉指導主事、知的障害者福祉司、身体障害者福祉司、査察指導員、その他現業員(係員)
身体障害者更生相談所 身体障害者福祉司
児童相談所 児童福祉司

<社会福祉協議会での相談援助系の仕事>
福祉活動専門員、地域福祉活動コーディネーター、ボランティアコーディネーター

<医療機関等での相談援助系の仕事>
医療ソーシャルワーカー、精神医療ソーシャルワーカー

生活相談員、生活支援員

職場と仕事の内容

主な職場は、高齢者福祉施設、障害者支援施設です。
介護職員が配置されている施設では1~2名と配置が少なく、利用者の方の相談援助のほかに、入退所の手続きや家族との連絡調整、サービス計画立案などを主業務としています。
介護職員が配置されていない施設では、直接利用者の生活援助や訓練にあたります。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

職場と仕事の内容

介護支援専門員は、介護保険事業を行う高齢者施設・居宅サービス事業所で、ケアプラン(介護支援計画)を作成し、連絡調整を行う職種です。
職場は、施設と居宅(在宅)サービス事業所の2系統にわかれます。

施設 …  特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型施設
居宅 訪問介護(ホームヘルプ)、通所介護(デイサービス)、グループホーム、訪問入浴等

職業指導員、就労支援員

職場と仕事の内容

職業指導員や就労支援員は、就労移行支援や就労継続支援を行う事業所に配置されます。
利用者の希望や適性に合わせてワープロやパソコン、印刷、木工や農園芸などの技術を指導、援助するなど、職業上の技術を習得させる訓練、指導を行います。

児童指導員

職場と仕事の内容

児童指導員は養護施設、母子生活支援施設、障害児施設などで生活する子どもたちを援助、育成、指導する職種です。
児童の指導・育成計画の企画立案、施設内の調整、親や学校、児童相談所との連絡などの連絡調整業務を行いますが、実際の仕事を行う中では、保育士との役割 は明確には分けられてはおらず、子どもたちの年齢や能力に応じて社会的な生活力を身につけられるように、保育士と協力して生活全般の支援(生活習慣を身に つけること、学習やスポーツ活動など)を行います。
また、関連する職種として児童自立支援施設(従来の教護院)に児童自立支援専門員(従来の教護)が配置されています。

母子指導員

職場と仕事の内容

母子指導員は、母子生活支援施設(従来の母子寮)に配置され、母子の自立促進を目的として、個々の母子の就労、児童の養育などに関する相談、助言、福祉事務所や児童家庭支援センター、公共職業安定所、学校、児童相談所などの関係機関との連携を行います。

医療ソーシャルワーカー、精神医療ソーシャルワーカー

職場と仕事の内容

医療ソーシャルワーカー(MSW)は一般病院、精神医療ソーシヤルワーカー(PSW)は精神病院を主な職場とするもので、患者さんが安心して医療を受けられるように、経済的な不安や、家族との関係などについて相談援助を行います。

ページトップへ