福祉のお仕事

Menuメニュー Close閉じる

Q&A

Q:社会福祉の仕事にはどのようなものがありますか。また、私にあっているかどうか自信が持てないのですが、どうしたらよいでしょうか。・・・

A: 自分にどんな仕事が向いているのかは、実際にその仕事に就いてみないとはっ きりわからないかもしれません。また、  仕事をしていてもなかなか自信をもっていえないこともしばしばです。またやりたい仕事=向いている仕事とは完全に一 致し ないこともしばしです。しかし「~をやりたい」「~が好き」という気持ちや何らかの動機は、仕事を続けていく上で重要な要素となります。やりたいと 思っている仕事はどんどんチャレンジしてみて下さい。それが本当に向いているかどうかを確認するひとつの方法でしょう。すぐに仕事に就くことは無理な場合 も多いのですが、実際に福祉の現場で働いている人や地元の社会福祉協議会に問い合わせて話を聞いてみたり、施設等でボランティアしたりと現場を見たり、それらを知ることから始めてみてはいかがでしょう。

Q:高卒の場合、求人はありますか?

A: 利用者とのコミュニケーションが大切なのであまり若いと十分対応できな いという不安から求人側が採用したがらないという傾向はあるようです。一方で若い内から経験することが大切という考え方のところもあります。地域や事業所 の方針によってかなり差があるようですので、関係者からの情報により、状況を把握してください。また、最近、景気の好転等にともない、求人が多く求職者が 少ないという人手不足時代を迎えたことから、高校生の採用の状況も従来とは異なってきています。

Q:社会福祉の仕事の将来性は?

A: 他の分野に比べれば、ということになりますが、着実に広がり、従事者も増えていく分野です。とくに高齢者関係は、日本の高齢者人口が増え、要介護者も増えていることから、この10~20年は、福祉・介護サービスの需要はますます増えていくことでしょう。

児童の場合も、児童の人口は減っていますが、ここ数年は早朝・夜間保育など利用者のニーズに合わせたサービスの充実がすすんでいますので、従事者は増えている状況です。

Q:大学か専門学校か、どちらが仕事に有利ですか?

A: どちらが有利かは一概には言えません。希望している職種、分野または取 得したい資格によって、大学、短大あるいは専門学校等かと変わってきます。同じ資格を取得する場合、主にその資格の専門性を深めたい場合は専門学校がよう でしょうし、その資格だけでなく幅広く教養を身につけ知識を広めたい場合は大学がよいでしょう。○○の学校を卒業することはそれ程問題ではありません。仕事に有利になるのは、資格という専門性の証のほかに、やはり人柄、仕事に対するやる気や熱意等になるでしょう。

ページトップへ