福祉のお仕事

Menuメニュー Close閉じる

福祉の分野ごとの仕事

対人援助サービスは4つの対象・分野、6系統の仕事・職種

直接の対人サービスは次の4つの対象・分野に分かれます。

  • 高齢者
  • 障害児・者(身体障害児・者、知的障害児・者、精神障害者)
  • 児童
  • その他生活困窮者等(低所得者、母子家庭、婦人保護その他)


また大きく次の6系統の仕事・職種にわかれます。

  • 介護(ケアワーク)の仕事
  • 保育の仕事
  • 相談援助の仕事
  • 看護、リハビリテーション関係の仕事
  • 栄養・調理関係の仕事
  • 運営・管理関係の仕事

行政や社会福祉協議会は地域を対象

行政の相談所や社会福祉協議会は、地域のサービス提供機関や団体との調整、これら機関・団体間の調整、新しい資源の開拓など、いずれも広い意味での地域社会を対象とした仕事をします。
ただし、仕事の内容は個人への相談援助活動から各種事業等の企画・実施まで幅広く、また社会福祉協議会のように対象・職種・事業ともに多様な職場もあります。

  • 行政の相談所(福祉事務所、児童相談所等)…福祉サービスを必要とする人の相談にのり、サービスが受けられるよう関係機関と調整したり、継続的な相談・援助を行う
  • 社会福祉協議会…地域福祉を推進したり、さまざまな民間の福祉活動を支援したりする

分野と職種・資格の全体像

以上を図にすると次のようになります。公的な福祉サービスの仕事の対象・分野は、(1)直接の対人援助サービス、(2)その他、の2つに大きく分かれ、さらに次の6つの対象・分野に分かれます。仕事・職種は6系統です。

ページトップへ